雑誌で取り上げられ、全国的にその名を広げた「名古屋嬢」。巻き髪にブランドの服。エレガントで、しかも名古屋ならではのポイントを抑えたそのファッションスタイルは、今では名古屋を代表するまでになりました。
 しかも、あのリカちゃんまで名古屋嬢スタイルになって限定発売されるなど、これからも名古屋の流行から目を離せません!
「名古屋嬢」とは、本来、名古屋で暮らすお金持ちのお嬢様のこと。母親と一緒にブランド品を身にまとい、高級車で名古屋市栄区の老舗デパートにお出かけ。結婚するまで、家事手伝いをしながら花嫁修業を続けるというのが、特徴的なライフスタイルです。
 かつて、お嬢様ファッションと言えば、横浜の「ハマトラ」と神戸の「ニュートラ」が代表的でしたが、その間に挟まれて登場したのが、この「名古屋嬢」。巻き髪でブランド品を身に着けるも、“ゴージャスだけど派手すぎずキュート”なのが、特徴とか。これをおさえれば、あなたも名古屋嬢になれるかも?
 名古屋巻きの生みの親は、「BLANCO南青山」の土屋さん(愛知県出身)。この髪型の特徴は、レイヤーを入れて軽さを出した髪に、大きなゆるめのカールを付けたもの。どんな服装にも似合う上に、男性受けもいいとあって、名古屋嬢のみならず、人気の高い髪形です。
 ひと目で高級ブランドと分かるだけでなく、親子で長く使えるのも名古屋でブランド品がうける理由。名古屋にある某一流ブランドの直営店が、日本一の売上げを記録しているという話もうなずけます。いいものを大切に使う結果が、ブランド志向というわけです。
 名古屋嬢は、良家に嫁ぐのが一番の幸せと言われ、就職なんてもってのほか。礼儀作法、立ち居振る舞いなどの花嫁修業に余念がありません。おじさんたちのスポーツというイメージが強いゴルフも、社交場として花嫁修業の一環なのだとか。お嬢さまって何でもできなくちゃいけないんですね。
 去る10月11日、インターネットで「名古屋嬢リカちゃん」を先行発売したところ、開始1時間で250体が完売。このリカちゃんは、18日に名古屋市中区・松坂屋の増改築を記念して作られたもの。このリニューアルで、売り場面積が百貨店で日本最大となった松坂屋でも、もちろん「名古屋嬢リカちゃん」は完売!
 髪の毛をゆったりと内巻きにカールし、アイシャドーがはっきりした少し濃いめの化粧が特徴の、名古屋嬢リカちゃん。今ではもう入手不可能ですが、リカちゃんが着ていた服は、各ショップで現在も販売中。リカちゃん誕生から36年。まさか、名古屋嬢になっちゃうなんて、元祖リカちゃんも驚きなのでは?